はじめにお読みください。
にほんブログ村 ランキングに参加しています
もくじ。
インテリア キッチン グリーン 本
最新エントリ。
コメント。
トラバ。
過去ログ。
お気に入り。
SCOPE angers semple node noasis おぎはら植物園

無印良品 a-flat
.....ショップリスト
お役立ちリンク。
家づくりブログリスト。
→List Me?
※勝手に覗き見サイト多々。不都合ある方はお知らせ下さいませm(_ _)m
admin RSS1.0 Atom0.3



 
z@kkaあんてなz@kkaあんてな インテリア キッチン グリーン 本
The WAY - 家を持つ。-
外断熱&オール電化住宅建築日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | ▲TOP
我家の備え(1)
災害は忘れた頃にやってくる。 

東日本大震災から1年9ケ月経ちましたが、我家では日々粛々と防災。そして備蓄。
以下、 震災での体験をふまえた、我家の備え(防災グッズ)の一部を数回に分けて紹介します。

■充電式乾電池(サンヨーエネループ
我家で使っている電池は、全て充電して使うタイプの"エネループ"。
数年前、使い捨て乾電池が「もったいない!」と思い始めてから、ちまちまコツコツとエネループへ移行していた。(一気に交換できなかったのは、結構なお値段するため)
幸い、ちょうど311の前にはエネループに完全移行済みで、さらにエネループの予備を大量に買って置いた直後だったため、震災の混乱の中、電池を買いに奔走することはなかった。
ちなみに、エネループには単三と単四の二種類のサイズしかない。そのため単一・単二サイズの機器に使う際には「スペーサー」と呼ばれる別売り部品で大きさを調整して使うことになる。よって、必要に応じてスペーサーの完備も必須。
※単一:一番大きな電池で、大きい懐中電灯・ランタンなどによく使われてる。
単二:二番目に大きなサイズで、大きめラジオ・ラジカセなどによく使われてる。
単三:ミニラジオや掛け時計・おもちゃによく使われている。
単四:一番小さく、リモコン等によく使われてる。

↓どうせ揃えるなら、限定色でかわいく。



■懐中電灯・ランタン
これから新たに懐中電灯やランタンを買いそろえるなら、はじめから単三・単四サイズ電池で使用できるものを買うことをお勧めする。電池が軽い分、本体も軽くなり持ち運び易く、また使い捨て乾電池は、単三・単四のほうが非常時に比較的手に入りやすいから。
311の震災直後、店頭の単一・単二乾電池が真っ先に消え、その後しばらくの間入手できなかった。そのこともあってか、最近では単三・単四サイズの電池で動く防災用品が新たに多く発売されている。
さらに、豆電球タイプではなく、LEDのものにするとなおいい。明るく、消費電力が小さいため電池が長持ちするし、発光体自体の寿命も長い。
また、手回し発電式・ソーラー発電式・乾電池式、またはその複数の機能を持ったものなど、いくつか持ってると安心だと思う。さらに、1台はラジオ機能付きや、携帯電話の充電機能付きなどあると役立つ。
ちなみに、懐中電灯は家族の人数分用意しておくとなおいい。誰かがトイレに、外の作業に、キッチン作業に、など、各々持ち出して行動しても部屋に残る者が灯りに困らない。

↓我家は多機能タイプがあったので重宝した


■カセットコンロ・カセットガスボンベ
我家の周辺では大部分が都市ガスを使用。311時には道路に埋まってるガス管が寸断され、最大1ヶ月間ガスが使えなかった。ライフラインの中で最も復旧に時間がかかったのが、この都市ガス。
プロパンガスを使ってる一部地域では、そのままガスが使えたとの話も聞いた。ただ、プロパンガス使用の家であっても、屋外に置いてあるボンベが倒れて配管が破損しまった場合は使用不可だったらしい。だとするとボンベの耐震用固定や点検も大事になっくる。
我家はオール電化でガスの使用はないが、家族でキャンプをするためカセットコンロとカセットボンベを常備していた。
また、地震に限らず、停電時や故障時のIH使用不可に備えてカセットボンベは十分な数を備蓄していたため、震災時には10本くらいのボンベがあった。
幸い我家の地域では電気の復旧が比較的早く(震災4日後)、すぐにIHが使えるようになったため、余ったボンベは職場や近所の人に使ってもらった。
非常時こそ、煮炊きは必須。備蓄のレトルト食品も、温めて食べるのとそうでないのでは気持ちが全然違うと感じた。度重なる余震と停電で怖がる子供達にとって、温かいココアなどの存在は大きかったと思う。
カセットコンロとカセットボンベは、常備していてソンはない。
ただ、ボンベには使用期限があるので、日頃からキャンプや鍋で使うなどして、備蓄品を刷新していくことが大事。

↓我家はキャンプ・卓上兼用で「防風」タイプを所持



■ウェットティッシュ等
断水時はなにかとウエットティッシュが大活躍した。
我家では、子供らが小さい頃使ってた「おしり拭き」の未使用未開封のものを、結構な数そのまま保管してあった。
震災時は断水で身体が洗えなかったため、身体拭き用にそれを使用した。普通のウェットティッシュよりも分厚くて使いやすく、赤ちゃん用で肌にもやさしい。
普通のウエットティッシュは、やはりキャンプ用にといくつか常備していた。手洗いの代わり、食器の汚れ拭きなど、なにかと重宝した。
ウェットティッシュだけでなく、アルコール消毒スプレーもあったが、それもあってよかったと感じた。

↓安い時に買い溜めしておきましょう

防災 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
3.11の記録
なかなか書けずに時間ばかりが過ぎてしまいました。

2011.3.11、この地震で多くの尊い命が奪われたことに深く哀悼の意を捧げます。
死者行方不明者2万人以上。・・・本当に言葉もありません。

以下の記事は、震災後に書いては途中で止め、また少し足しては止め、を繰り返して、下書き保存したままになってた震災発生時の記録です。
新たな年を迎え、一年が過ぎ去ってしまう前に、途中ですがそのままアップしたいと思います。

-----------------------------
3月11日14時46分。
私は体調が悪くて仕事を休み、ひとり、家の二階リビングに居ました。

揺れ始めてすぐ「今までのとは違う」と感じた今回の地震。
30秒ほど続いた最初の揺れでは、ほとんど落下物もなく凌いだのですが、ホッとしかけたのもつかの間、続けて襲って来た激しく大きな揺れで本棚からバタバタと物が落ち、冷蔵庫や戸棚の扉は開いて倒れ、家中全てのものがガタガタと激しく音をたて暴れまくりました。
揺れている!というよりも、まるで家全体が飛び跳ね、生き物のごとく踊り狂っているかのような・・・

窓の外に目をやると、大きく揺れる電柱と電線。
張られているワイヤーが火花を飛ばして切れていくのが見えたとき、
「もしかしたらこのまま死ぬかも」
との思いが一瞬よぎりました。


実際は2分半〜3分間くらいの揺れだったのでしょうか。
でも、とてつもなく長く、おそろしい時間でした。
あまりに衝撃が大き過ぎて、今になっても思い出せない部分があります。




我家の地域は、震度6強を記録したそうです。

結果的に、家族全員が怪我もなく無事でした。
地震後2時間あまり、ダンナと長男に全く連絡がつかず、夕方になってみんなが家に揃ったときは、安堵の涙があふれました。

地震後、電気・水道・固定電話のライフラインがストップ。
(ウチはガスを使ってませんが、ガスも市内全域でストップ)
かろうじて繋がっていた携帯電話も、基地局の非常電源が落ちたのか夜には使えなくなりました。


家の中の状態は、二階では多くの落下物がありましたが、一階のものはほとんど落下物もなく無事。
家屋の損壊もなく一安心。


しかし、地震から数日経ち町内を歩いてみると、その惨状には明暗が分かれていました。

我家の近所は、外から見てわかるような損壊がある家はありません。
しかし、少し離れた場所では道路に亀裂が走り、それと同じラインに建つ家の塀は倒れ、屋根瓦が落ち、家に歪みが出ているお宅もありました。

このような状態は、建物築年数の古い・新しいはさほど関係してないようで、それよりも土地による影響が大きいように見受けられました。
宅地造成時に小さな谷部を埋めた場所?(盛土)と思われる一連の土地が、軒並み被害が大きかったような。。。
ウチの近所以外でも、同時期に開発された造成地の中にあっても、大きく明暗が分かれているようでした。



この状況を見て私が思ったことは、

・近代日本の標準的な住宅(2階程度の戸建)ならば、震度6くらいまでなら十分耐えられる?
  →過度な耐震補強を施した住宅はいらないのかも?

・それよりもなによりも、家を建てる場所の状態(土地)が重要。
  →家が無事でも土地がもろく崩れてしまっては本当にどうしようもない。。。谷を埋めた盛土の造成地、崖付近の土地、沼や池を埋め立てた土地・・・などなど、危険因子がある土地はどんなに安くてもリスクが大きすぎる。造成前の状態をよく確かめてから家を建てるべし。
-----------------------------


そして何より、日々防災意識を持つこと。

大地は生きている。
そのことを忘れずに、淡々と。



メモ e t c... | 22:04 | comments(2) | trackbacks(0) | ▲TOP
残念な事例
昨日、「家を建てたい!」と考えてる友人とお茶をしました。 
他に建てたばかりの方々含め4名での女子トーク♪ 
(女子って歳かよというツッコミは受け付けておりませんw) 

そこで出て来た話題が、今まさにハウスメーカー巡りをしてる友人が語った「残念な営業さん」のお話。 
ちょっと紹介します( ̄∀ ̄) 

>>>【残念その1】 
バレンタインの日の夜に「ピンポーン♪」そこには先日見学に行った某ハウスメーカーの営業さんが。 
「バレンタインなので、チョコです♡ウチの女子社員の手作りです♡どうぞ♡」

そして、友人はたいそう不快な気分になったらしい。
_________
■理由1 
(」゚ロ゚)」今何時だと思っとんじゃーーーい!! 
→夜の8時過ぎだったらしい。 

女子的意見:お仕事熱心&仕事が忙しいのは想像できるが、小さい子供のいる家庭にその時間はかなりNG。 
その友人はまさに子供を寝かそうとしてたところ。なのにお菓子を子供に見られ、「たべるーー」とせがまれ大変だったらしい。嗚呼迷惑極まりない。
独身or男性はこのへん気づかないことも多いので、ご注意を。

■理由2 
(」゚ロ゚)」おまえ男じゃないかーい!しかも、会社の女子の手作りってなにーーーー!? 
→バレンタインの意味知ってる?しかも誰かの手作りって?! 

女子的見解:キモイ。いろんな意味でキモイ。
親しくしている方本人の手作りなら好意的に受け取れるけど、まだ付き合いもないハウスメーカーの、しかも会ったこともない女子の手作りだなんて、キモ過ぎるしコワ過ぎる。 
_________

 4人とも満場一致で「残念な営業さん」に認定しました。ワロタ。

その営業さんにしてみれば、一生懸命やったことかもしれません。 
が、やり方間違えるとこんなふうに受け取られます。 まさに残念すぎる努力です。

これが、日中の時間帯(夜になるならメールや電話でアポとってから)で、バレンタインと絡めたいなら、安物であっても既製品のチョコにしとけば好印象に繋がったはず。 残念。



 >>>【残念その2】
国産の無垢材を使用していることがウリのハウスメーカーを訪問、後日営業さんが訪ねて来たらしい。 
すると営業さん、「ウチはよく◯◯や××と比較されますが、あそこは△△△なのでダメです。ここも△●△でダメです。あそこも△×△でダメなんですよ。」

家自体は結構気に入ってたメーカーだったが、話が終わる頃には「ここでは建てたくない」と強く思ったらしい。
 _________
■理由 
(」゚ロ゚)」悪口言いにわざわざ来たんかーーーい!! 
→その営業さん、ひいてはそのハウスメーカーの印象まで悪くなったと。 

女子的見解:比較と批判を履き違えてはいけない。ダメ出しだけなら悪口と同じ。
ウリだと自信を持ってるのなら、その利点を伝えることに力を注げばいいはず。あえて他社と比べるなら「なぜウチは自信を持っているのか、そして他とは何がどう違うか」を伝わるように訴えればいい。
 _________


よく見かける残念例ですよね。 
しかも、友人はこのメーカーの家を気に入ってただけに、やりようによっては顧客が得られていたはず。残念。
こうやって他社(他者)を批判ばかりする人は、ハウスメーカーの営業さんに限らずよく見かける。
どんなに良い商品扱ってても、与える印象は悪いですよ。気づいて。(本人気づいてないことが多い) 
「教えてあげる人も周囲にいない会社なのか?」とまで思われてしまいます。残念。 


ほかにも色々出ましたが、とりあえず以上w 


で、今回の女子トークのまとめ。 

・機嫌とりだけのKY営業は無駄な努力。 
・機嫌とりにもなってない場合は残念通り越して腹立たしくも思える。 
・悪口は言っちゃダメよ。 



 「希望の家が欲しい」と思ってる(いた)私達が、営業さんやメーカーさんに努力してほしいことって、共通していました。 

「私達の希望を叶えるために、一緒になって考えてほしいということ。
どうすれば希望の家になるか、考えることを努力してほしいということ。 」


具体例【私達が考えるデキるハウスメーカー営業さん】
_________
■家への希望がどんなものなのかを的確に汲み取ってくれる。

→モデルハウスを巡ってる段階って、案外自分たちの考えがまとまっていないことが多いです。言葉の端々から、私達がどんな「希望の家」を欲しがっているのか、どんな生活を夢見て家を建てようと思っているのか、それを見極めて即座に具体案(間取り図やプラン)として提示してくれると、それだけでもうそのメーカーに惚れますからw


■その希望の家を実現する技術(商品)があるかどうかを的確に判断し説明してくれる。まるごと添えないなら、そのメーカーなりの"ウリ"を駆使して、柔軟に代案を出して希望に近づくような努力をしてくれる。

→とりあえず契約とるぜ!!とウマいことばかり並べ、契約交わした後に実は・・・なんてのは詐欺ですよ。建てた後、ブログやツイッターで悪評つぶやかれちゃいますよ。コワいご時世ですよ。
_________

私達は希望の家を建てるための「技術」と「知識」を求め、建てた後も気持ちよく付き合える家づくりのパートナーを探しているんですから。



この友人にも、良き家づくりのパートナーが見つかりますように(*-人-*)祈

メモ e t c... | 15:39 | comments(1) | trackbacks(0) | ▲TOP
back < > next