はじめにお読みください。
にほんブログ村 ランキングに参加しています
もくじ。
インテリア キッチン グリーン 本
最新エントリ。
コメント。
トラバ。
過去ログ。
お気に入り。
SCOPE angers semple node noasis おぎはら植物園

無印良品 a-flat
.....ショップリスト
お役立ちリンク。
家づくりブログリスト。
→List Me?
※勝手に覗き見サイト多々。不都合ある方はお知らせ下さいませm(_ _)m
admin RSS1.0 Atom0.3



 
z@kkaあんてなz@kkaあんてな インテリア キッチン グリーン 本
The WAY - 家を持つ。-
外断熱&オール電化住宅建築日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | ▲TOP
だいぶ揃いました
引越してきてからなんだかんだと5ヶ月が経ちました。はやぁ〜
建築中は一日一日がものすごく長く感じたけれど、住み始めるとあっというまです。

大きな家具をあまり持ってなかった私たちは、引越してきてから揃えたものがほとんど。

0617
現在のリビングはこんなかんじです。
テレビもできれば買い替えたかったのですが、まだしばらくはガマン。テレビ上部の飾り棚、まだ全然活用できてませんね^^;

0617
ダイニングテーブルは先月買ったばかり。以前から希望だった天然木一枚板のテーブルです。2m以上幅のあるゆったり6人がけのサイズが欲しかったのですが、既製品ではなかなかなく。部屋や椅子にぴったり合うようこちらのストック倉庫まで行って木を探し、オーダーメイドしました。

0617
ダイニングテーブルを照すのは松下のワイヤリングシステムペンダントです。テーブルの位置や大きさが決まるまでセッティングできずにいましたが、ようやく使えてます。カタログで見てた以上に雰囲気がよく、かなり気に入っています♪

引越して来た当初の寒い季節は過ぎ去り、もう夏もくぜん。
今まで生活してきて言えることは、とにかく快適!だということ。
なかでも「換気」の快適さは特にすばらしいです。2・3日留守にしたことが何度かありましたが、そんな時玄関を開けるとありがちな空気の「よどみ」や「イヤなにおい」などは全く感じることがなく、まるで外にいるようなとても自然な空気。ほのかに香る木の匂いがすがすがしいくらいです。あらためて24時間計画換気システムの重要性を肌で実感しました。
以前「機械で強制的に換気し続けるのはいかがなものか」という記事を目にしたことがあり、確かに私もどうかなぁと思っていました。しかし、高気密・高断熱になった現在の住宅事情では「自然に風(空気)を通す」ことは不可能に近いのかもしれません。スキ間だらけで開口の多かった昔の家ならいざ知らず、現在の住宅ではなかなかそうはいかないのかも。
「自然であること」と「快適さ」って、ある意味相反するものなんでしょうね。機械の力を借りての換気ですが、家の中の空気がとても自然な快適さであることは身をもって感じています。
住み心地レポ | 20:53 | comments(6) | trackbacks(0) | ▲TOP
エアコン
ここんとこムシムシと暑いですねぇ。
外気温が低い午前中のうちは2階部分の窓をすべて開けて風を入れ、昼前には窓を閉めきって断熱するほうが涼しくすごせる我が家なのですが、朝から気温が高かったり風がなかったり湿度が高かったりすると、さすがにアウト。特に熱気が上がってしまう2階は、1階よりも2〜3度くらい気温が高くて、外気温によっては30度くらいまで上がってしまいます。
それでも湿度が60%以下にとどまってる季節は比較的過ごしやすかったのですが、今のような梅雨時期にはたいてい70%超。不快指数高すぎっ><

・・・って、エアコンはないのかって?
ええ、無かったんですよー。昨日まで^^;
以前住んでた家でも扇風機とうちわオンリーで夏を乗り切ってた強者家族です。

しかし、
0717
じゃーーーーんっっ
昨日2階リビングに取り付けたエアコンですっ!!←そんなに自慢することでもない
仕切りがない2階リビングは、さらに吹き上げ天井になってて、どの機種&どのクラスにしようかかなり悩みました。おそらく使用するのは冷房機能のみだろうし。
で、結局霧ケ峰のZシリーズ20畳クラスを選びました。決め手はムーブアイ!
定価は「あり得んだろ」ってなくらいべらぼうな価格ですが、ネットでの市場調査の結果を近所のひいきにしてるヤマダ電機に提示し交渉すると、あっさりそれ以下まで値引き!さすがヤマダくん♪

0717
これは昨日の取付作業の様子。
壁に穴を開ける作業をともなうので、取付は土屋ホームに出入りしている電気屋さんにお願いしました。
エアコン用のコンセントは、予め設置してあったもの。

0717
ひさしと窓の間が狭かったので、穴を開けるのにも一苦労だったようです。また、これくらいの大型サイズのエアコンになると、配管も太く、堅く、作業が難しくなるんですって。
配管と穴の隙間は、専用の発砲ウレタンでしっかり塞いでもらいました。

0717
室外機はベランダの端っこに。

0717
今年の夏は我が家の毛むくじゃらも快適に過ごせそうです。

ま、でも、ウチは気温が29度以上にならないかぎりエアコン使用は禁止ですけどね。←ケチくさい
基本はあくまで自然に過ごすってことで。おほほ^m^
住み心地レポ | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
地震!
昨日のお昼、ちょうど子供にゴハンを食べさせようとキッチンからダイニングへ移動してるときにグラグラっと最初の揺れが。慌ててIHの電源を消しにキッチンに戻って、熱い鍋をシンクの奥の方へ移動させた時、さらに大きな横揺れ!
とりあえず、子供を抱いて落下物の心配のないリビングの中央まで行きしゃがんでいたのだけど、揺れはなかなかおさまらない。それどころか激しくなってくかんじ!いつもと違う雰囲気と大きな物音に子供は大泣き。私も半泣き状態でした(T_T)

050816
しゃがんでる場所から正面に見える履き出し窓(コレ↑)では、網戸がユサユサと左右にスライドし、その横の窓からは近所の人たちが外へ出てくるのが見えました。とにかく揺れがおさまるまでじっとしてようと待つのだけれど・・・それが長いっ!長すぎるっ!!まだなのぉ〜〜〜家が壊れるよぉ〜〜〜建てたばかりなのにぃ〜〜〜〜借金だけ残るよぉ〜〜〜〜〜という想いが頭をぐるぐるぐる・・・
ようやく揺れがおさまっても体の震えが止まらなくて、しばらくしゃがんだままの状態でした。でも次の瞬間頭に「余震」の文字が浮かんで、子供を抱いたまま玄関ドアや1階の掃き出し窓を開けに走り、避難口を確保しました。←遅
そのあと、テレビをつけて速報を聞き(ウチの周辺は震度5強だって!)、PCメールで会社にいるダンナと連絡をとり、携帯と貴重品を持って家の中を見て回ると、

050816b
まず目に入ったのがこれ。「使わないけどとりあえず」と、ユーティリティーの入口付近に立て掛けておいた姿鏡が倒れて割れてました。(写真は破片を片づけたあと)
でも、1階での被害はこれだけ。
私たちが居た2階は、キッチンの引き出しがスライドして少し開いていたのと、食器棚の中に重ねていたコップが倒れていたこと。そして、テレビの上の飾り棚に置いてあるものが多少移動していたこと。トイレの窓辺に置いてた小さな観葉植物が倒れていたこと。
そして家の周囲もくるっと確認。主に基礎や土留めのコンクリ部分を見てまわったけれど、特に異常なし。土屋ホームの方からも「建物の被害はありませんでしたか?」との電話があったけれど、見えてる範囲ではとりあえず異常なしとの報告を。
今回の地震、激しく長い揺れだったわりには、物が落ちたり破損したりという大きな被害が出なかったのが幸いでした。ホント、これだけですんでよかったよぉ。。

そして地震から一日経って。
「想定されていた宮城県沖地震ではない」とのニュースに、もうひたすらがっくし。
これですんでくれれば!というあわい期待はもろくも消え去りました(T_T)
非常食や持ち出し品は以前からリュックに詰めて玄関脇の収納へ入れてあったものの、今回の被害を教訓に物の置き方などを日頃からもっと考えねば。家具の転倒防止も徹底せねば!引越してきてからずっと、「いつかやろう」って思ってた私たち。それじゃダメなんだよねぇ^^;
住み心地レポ | 17:00 | comments(6) | trackbacks(0) | ▲TOP
食洗器の使い心地
050823
我が家の食洗器はSANYOのビルトインタイプ(DW-SP45B/シルバー)。特に選んでこれに決めたってわけではなく、システムキッチンの扉色をステンレスヘアラインクリアにすると、おのずとこれになったというもの。
ホントは事前に他社の製品と比較したり、ネットで口コミ情報を見たりしたかったのですが、ビルトインタイプをデモしてるところはないわ、口コミ情報もほとんどないわ。で。結局「えいやっ」と決めてしまいました^^;
今日はその使い心地でもレポしてみようかと。

結果からいえば、付けて大正解♪
最初の頃こそ食器の入れ方に慣れなくて手間取りましたが、入れ方のコツや食洗器のクセさえ覚えればものすごく楽で重宝します。特に、油汚れに強い!手洗いではなかなか落ちなくて面倒なべっとり油も、高温水で洗うのでキュキュっとピカピカ。細部まできっちり洗うのが難しいキッチン用品なども(私の場合、粉ふるいとか、息子のマグマグとか)すごくキレイになります。来客があって、取り皿や小間物が多く出た時にも大活躍。
ちなみに、私はほとんど下洗いはせず、そのまま食洗器へ突っ込む派。それでもたいがいのものはキレイに洗えてます。ただ、卵のこびりつきや口紅は完全には落ちないので、これだけは軽くスポンジでこすってから。でも、こういった頑固な汚れ物はそうそうないので、いまのところ特に面倒は感じずにすんでます。
このSANYOのこの製品は一応6人用ということですが、これはあくまで薄いお皿のみの目安ですね。我が家の場合、厚手の和食器が多いので、入れ方を工夫しないとすぐに入らなくなります。取説にもあるのですが、とにかく基本は立て入れ。皿の大小やカタチをうまくそろえて入れると、たくさん入って洗い上がりも良くなります。
そして、使用するのは主に夜。夕飯時の食器をセットし、タイマーで11時以降に洗うよう設定。そう、深夜電力でおトクにってことで^^ 
食洗器でよく言われる洗浄時の「音」については、ウチではそんなに気になりません。(←繊細な神経の持ち主がいないとも言う)でももしかしたら、寝室とキッチンが近いお宅などでは、夜に使用すると音が聞こえて気になる方もいるかも。
住み心地レポ | 00:48 | comments(8) | trackbacks(0) | ▲TOP
やられました
050912
リビングの床に描かれた息子の大胆な筆さばき。
先日、リビングの床に油性マジックでやられちまいました(T_T)
速攻でホームセンターへ「マジック落とし」を買いに走り、元のキレイな床には戻りましたが。

この時あらためて、ニス塗装されたフローリングにしといてよかったと思いました。設計当初はせっかくメープルの無垢フロアにするのだから、無塗装で木の感触を楽しみたい!とも思ったのですが。
実際、小さな子供がいる家にとって、それはかなり厳しい選択かも。うちの子は特にヨダレがひどくて、ところ構わずだーらだら。友達の子供が来たときは、一緒にだーらだら。ニス塗装してあるフロアだと時間が経ってもサッと拭き取れて痕も残らないのですが、無垢素地のところ(我が家の場合は階段の踏み板)はすぐに拭いても絶対にシミになります。「それも無垢の味」と思えれば良いのですが、はっきりいってヨダレの痕なんて全然カッコいいものではなーい。
ましてや今回のような油性マジックでの落書きされた日にゃあ・・・・・1週間は立ち直れないかも。←そんな程度かい

しかし、壁に描かれなくてよかった。。。オスモは塗ってあっても、床のようにはキレイに戻らないだろーしなぁ^^;
住み心地レポ | 21:41 | comments(8) | trackbacks(0) | ▲TOP
蓄暖ON!
051013
我が家の毛むくじゃら。
暑い時期はひたすら涼しく暗い場所でべろ〜〜んとなってましたが、最近は人の傍に寄って来るように。抜け毛も劇的に減って、季節は確実に秋へ。
10月に入ってすぐ朝晩冷える日が続き、布団を蹴っ飛ばして眠るダンナ(しかもTシャツ&パンツが寝間着)と息子はみごとに風邪っぴき。気づくと朝方の室温が20度を切る日が出てきました。おまけに9月まで65%前後を保っていた室内湿度はいつのまにか50%前後にダウン。
でも、日中はまだ確実に室温が20度以上になるし(陽が差せば25度くらいまで上がってちょうどよい)、どうしようっかなぁ〜〜〜と悩みましたが、風邪っぴきをこれ以上ひどくするわけにもいかないだろうと、10月の2週目、ついに我が家にある4台の蓄熱式暖房機のうち1階にある3台のブレーカーをON!

051013
我が家に設置されているのはスティーベルエルトロン社製のもの。これ↑は2階リビングダイニングにある蓄暖(ETS-500TEJ)で、我が家にあるものでは一番暖房能力の大きいタイプ。(ちなみに寝室ETS-200TEJ/客間ETS-400TEJ/脱衣所ETC-75TJT)
2階の蓄暖はまだOFFのままですが、1階にくらべ2階は南に面した窓が多く陽が大量に差し込んで暖かいので、まだまだ暖房ナシで十分。(てか、暖房入れてからすぐとても暖かい日が続いて、ちょっと早まったかと後悔した^^;)

この蓄暖。去年我が家をプランニングしてる最中(2004年6月)に久々に新型モデルへと変更になったらしく、見た目若干スリムに&機能も充実となったそうで。(以下、蓄暖の提案書にあった新機能のセールスポイントの写し)

1)蓄熱量自動調整機能
「シーズンセンサーを標準装備。外の気温にあわせ最適な蓄熱量を自動調節。シーズン中の面倒なダイヤル操作はが不要。」
2)快適なソフトファン制御
「室温を関知しファンのON/OFFはもちろん、ファンの回転数まで自動制御して余分な放熱をしません。」
3)簡単な前面操作
「従来の右側面操作ダイヤルから、前面操作に変更。文字も見やすく、操作が簡単になりました。業界初のリモコンも標準装備。」

ですってよ。

まぁ旧型モデルを使用したことないので比べようがないですが、
確かに、外見上は特に問題なし。使い勝手でも、外気温に応じて必要な蓄熱量を勝手に設定して運転してくれるので、私たちは室内温度設定をするくらいで他はまったくの手間いらず。今回のようにシーズン始めにブレーカーをONにして、室内温度を設定して、あとは春までそのまんま。らくちんです。
あ、でもリモコンはまったく無意味です。そんなに設定をちょこちょこいじる必要がないってのと、リモコンだけ見ると現在の設定数値が全くわからないので、結局本体で直接操作しないといけません。この点、確実にしくじってますね→スティーベルさん。

しかしなにより、私たちが蓄暖ってイイ!と感じたところは「給油」などの手間が一切いらないこと。そして、本体や吹き出し口がキケンな程熱くならないので、子供が触れる場所にあっても問題ナシな点。

以前住んでた家では石油ファンヒーターを使用してましたが、給油の度に寒い玄関まで行くのが辛かったし(しかも断熱材の入ってない低断熱低気密のアバラ屋だったため、18リットルの灯油缶が4日で空になる頻度!まさにエネルギー垂れ流し状態)、柵を取り付けても掴まり立ちを始めた息子が近寄ってめちゃめちゃ危なかったし。

そのほか、家の暖まり方やコスト面も含めて、新居への蓄暖の設置は大正解でした^^

※1月になれば引越してきて丸1年になるので、我が家の一年間の電気代についてまとめて報告したいと思います。
住み心地レポ | 14:03 | comments(5) | trackbacks(0) | ▲TOP
温度と湿度
我が家のリビングとユーティリティーで使ってる温湿度計はコレ。
温湿度計
"DRY""COLD""HOT""WET"の快適指数計付き。→ちなみにこちらで購入
この快適指数って、侮れません。
「暑いかも」と感じたらしっかりHOTゾーン。「汗ばむなぁ」と感じたらHOT&WETゾーン。今くらいの季節は、鼻の奥が乾く感じがすることが多く、たいてい若干のDRYゾーン。ただ、若干のDRYくらいだとあまり不快には感じません。
ちなみに今日の現在の外気温(家の北東側に付けられている蓄暖センサーの値)は15度。天気はくもり。湿度は…不明^^;ゞ(←2時間後に加筆:室内にあった湿度計をベランダに出して測ったところ、湿度62%。でも小雨が降り出してました) そして家の中、リビング(2階)の値は温度24度、湿度53%の若干DRY。ユーティリティーは温度25度、湿度47%のDRY。どちらも長T1枚にジーパンという姿で快適にすごせる値です。ちなみに蓄暖は1階にある3台のみ稼働中で、そのうち温度設定の出来る2台は21度と22度に設定してあります。ユーティリティーには現在干してる洗濯物はナシ。お風呂に水も入っていません。
引越してきた当初、この温湿度計を設置するまでは室温ばかり気にしていましたが、快適と感じる要因って想像以上に「湿度」が効いているということがわかりました。
私の場合、夏場はたとえ気温が30度あっても、湿度が60%以下だとじっとしてるぶんにはフツーに過ごせます。でも、同じ気温でも湿度が70%を超えるともうアウト。逆に、気温が27度くらいでも、湿度が80%を超えるとジト〜っと汗ばむ感じ。だから、暑い時期の雨の日などは家の窓はすべて締め切っているほうが湿度が上がらず涼しく過ごせます。こうやって湿度を考慮して窓の開け閉めをしていると、エアコンなしでもけっこう過ごせる日が多かったです。でもこれは、高気密高断熱の住まいであることが大前提のことだと思います。
そして、去年の冬のことを振り返ると、これから寒さが増して2階の蓄暖を入れてしまうと、一気に2階の湿度が下がります。加湿機をつけないと湿度は40%を下回り、かなりDRYな状態に。だいたいこの湿度40%という値を下回ると、喉が痛くなって不快さを覚えます。なので、2階の蓄暖を入れている期間は並行して加湿機を常時付けっぱなしにしていました。そうすると湿度が50%近くまで上がり、若干DRYではありますが不快感を感じるほどではなくなります。ちなみに、真冬に窓を開けて換気をしてしまうと、蓄暖を入れる以上に一気に湿度は下がります(飽和水蒸気量の原理を考えればあたりまえですが)。ひどい時は20%以下まで余裕でダウン。しかしウチは24時間計画換気システムが入っているので、窓を開けての換気はまず行いませんし、その必要がありません。(現在土屋ホームで建設中のwarmhomeさんちにとてもよい記事がありましたので、トラバさせていただきます)
ちなみに我が家で使ってる加湿機はコレ↓です。
SHARP プラズマクラスターイオン搭載加湿機 グレー系 HV-R50CX-H
SHARP プラズマクラスターイオン搭載加湿機 グレー系 HV-R50CX-H
→新旧モデル共にこちらで買えます

今年の冬は加湿器に頼る以外に、リビングに観葉植物を増やして、湿度を上げるよう工夫してみる予定です。

そして先ほど、1階ユーティリティーでの洗濯物とお風呂の水のことを書きましたが、1階に関してはこの二つで湿度を調節しています。
蓄暖を入れ始めたら、まず洗濯物は室内(我が家では1階にあるユーティリティー)に干すようにします。そして干すのは夜がベスト。これから寝るというタイミングで干すと、ちょうどユーティリティーに隣接している寝室の湿度がちょうどよく上がり、気持ち良く眠れます。洗濯物も朝までには完全に乾きます。そして、お風呂については、入った後に換気扇は使わず、ドアを開けっぱなしにして湿気を室内に逃がします。そうすると湿気が室内にこもりそうに感じますが、全然そんなことはありません。ちょうどよく室内の湿度も上がり、お風呂場も朝までにはきれいにカラカラに乾いている状態です。風呂釜に残ったお湯については、その日の湿度をみてフタを閉めるか開けっぱなしにするか判断しています。(残り湯は絶対捨てません。すべて洗濯に利用します。)
1階についてはこうやって湿度を調節しているので、加湿機等は必要ありません。
住み心地レポ | 12:08 | comments(7) | trackbacks(1) | ▲TOP
051103
ケーキを焼きました。ご近所さんから実家自家製というリンゴをたくさん頂いたので、アップルスライスケーキをば。旬のリンゴを使ったケーキはウマウマ♪あまりに簡単なレシピなので私の腕は関係ないと思われます。(笑)
ちなみに、愛用のケーキ本はこちら↓
1つのボウルでできるお菓子―型も1つで全部できます
1つのボウルでできるお菓子

とまぁ、エントリータイトルと関係ない話題はこれくらいにして。

先日warmhomeさんからリクエストがありました家の中の「音」についてレポしたいと思います。
一般的に高高住宅では家の中の音が響きやすいと言いますね。外に漏れない分、中で反響してしまうと。私たちもプランニングの最中、幾度となく音については説明を受けました。また、間取りを決める際には音の発生源になるものとその位置関係について度々設計士のぐっさんにアドバイスを受けました。
具体的に家の音ってどういったものがあげられるのか。我が家の場合の「大きい」「響く」と感じられる順にあげてみます。

1)1階で聞く2階の物音(子供がドタバタ走り回る音やおもちゃを床に落とす音)
2)テレビや人の話し声(電話をしてる時に相手から「音が響いてる」と言われた)
3)トイレの音

我が家は2階リビングなので、子供がドタバタ走り回る機会が多いのはどうしても2階。1階ではその音がよく聞こえますが、日中に気になったことはありません。「遊んでる遊んでる」と思うくらいで。私の場合、1階のユーティリティーで家事をしていて2階にいる子供が何をしているか感じられるので逆にありがたいくらいです。さすがに夜、1階寝室で寝ている時にドタバタされると音は大きく感じます。でもたいてい私たちよりもドタバタする子供が先に寝てしまうので「うるさくて寝れない」などと感じたことはないです。

また、2階リビングは全体が吹き上げ天井になっているので、テレビの音や話し声が反響してよく響きます。でも家族全員がリビングで過ごしている時、その場所にいる分にはなんの問題も感じません。ただ、電話の相手から「とても声が響くね。体育館にでもいるの?」と言われたことがあります。(笑)だからといって通話に支障があるってわけではないですが、電話のときはなんとなく同じ2階にある書斎まで行ってすることが多いです。書斎は天井が低くなっているので声は響きませんし、テレビとも離れるので。
この音の反響については、高高住宅だからというより吹き上げ天井であるということが大きな要因に思われます。吹き抜けのある1階でも同じような感じに響くでしょうね。また、壁や天井材によっても音の吸収は違ってくるので響き具合は変わると思います。我が家はほとんどが木のままなので、より響くほうなのかな?でも、気にならないのは性格のせい?←家族全員O型^^;ゞ
同じく、2階の声や音は1階にも聞こえますが(特に我が家は1階の部屋がすべて欄間開口され空間が繋がっているオープンなつくりなので)下で誰かが寝ている時はそれなりにテレビのボリュームや声を小さくするので、ウルサイとは感じません。

トイレの音については、ふつーにドアを閉めていれば中の音が外まで響くなんてことはないです。(ウチのダンナは開けっぱでやるので例外)トイレのドア前で聞き耳を立てている場合も例外。(笑)
ただ、2階トイレの流す音は、夜だと1階の直下には聞こえます。同じく、2階キッチンの配水の音も。ウチは寝室と2階からの配水管(トイレとキッチンのものを1個所にまとめてある)が離れているので(というかプランニング段階で離すようにアドバイスされたので)、寝ていてうるさく感じることはないですが、2階トイレの直下に寝室が…など、隣接させてしまうと多少気になるのかも。

どうでしょう。こうやって書いてみて思ったのですが、音の問題って高高住宅だからというよりも、間取りやライフスタイルに左右される要因が大きいような。
もちろん、あらかじめ施工上で対処している2階床の防音マットやトイレ周りの遮音材などありますが、「やっぱりどうしても音が気になると思う」という繊細な(神経質な?)方は、家づくりのプランニングの際に設計士さんと十分に話し合い、間取りや吹き上げ吹き抜けの有無などを、「音」重視で決めるほうがよいかもしれません。
いかんせん、家づくりでは自分たちのライフスタイルや性格をとことん客観視し、実際の生活をシミュレーション(妄想?笑)しながらプランニングすることが、なによりも大切だと思います。
住み心地レポ | 00:53 | comments(5) | trackbacks(0) | ▲TOP
初積雪
051205
今朝の家の前です。
昨晩降ってた雨が、夜中から雪に変わったようです。
蓄暖に表示された外気温は3度。いよいよ本格的な冬到来っす。

でも、天気予報で一桁の予想最高気温を聞いても、去年のようにビビることはなくなりました。
ぬふ。
今朝もぬくぬくで目が覚めました。未だに夏掛け布団1枚と薄手の長T姿で寝てますが。
ぬふふ。

家建ててホントよかった。
住み心地レポ | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
新年
あけました〜。新居へ引越してきてはじめて迎えるお正月!

050107
この↑写真は初日の出・・・ならぬ、最終日の出だったり。我が家の二階から見えた2005年大晦日の朝陽です。

050107
同じくこれは大晦日の家の前。今年は全国的に厳冬&雪が多いようですが、私たちが住んでいるところも同じく。12月にしては珍しく雪がよく降ります。とはいえ太平洋側なので、深刻なほど積もるわけではないですが。とにかく例年にはなく気温が低いようです。
「ようです」と書いたのは言うまでも無く、家の中ではそれを感じないこと♪
去年住んでたボロ借家では、真冬の朝方の室内がマイナスになっていた日も多々ありましたが(ある意味、家に居ながらにしてアウトドアが楽しめた(T_T))、今はちが〜うっ!
天と地の差とはまさにこのことです^^

そして、今日は初詣での帰りに初売りへ行ってきました。向かうは近所のヤマダくん。
今まで一つしかなかった掃除機でしたが、1階2階間を運ぶのがおっくうなので、もう一つ新たに購入しようということに。

初売りでゲット
そしてゲットしたのがコレ。ナショナルコードレスサイクロン掃除機 MC-BF200
(→こちらから買えます)
今まで使っていたのが同じくナショナルのコードレスだったので、2台目も絶対コードレス!ってことで、ほとんど選択の余地なく決定。(現在出ている大型のコードレスは日立とナショナルくらいしかない)
平常価格よりも4000円引だった初売り価格に満足することなくさらに値切ったら、さらに2000円安くしてくれました♪初売りの粗品(ロースハム)も頂いたし、満足満足。
一般的にコードレス掃除機はパワー不足というのが一番のネックなんだろうけど、フローリングオンリーの我が家では、これで十分な吸引力。なにより、コードがないことで、掃除の煩わしさが半減!いやそれ以下!!一度コードレスを使い慣れるともう手放せません。
ただ、以前から使ってるコードレス掃除機は4年目に充電池を交換したから、今回のもそれくらいで交換になるでしょう。電池の値段は1万円程度。これを高いと見るか安いと見るか。
ずぼら&めんどくさがり〜な私たち夫婦は、それでも選ぶコードレスのラクチンさ!なんです。
住み心地レポ | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
back < > next