はじめにお読みください。
にほんブログ村 ランキングに参加しています
もくじ。
インテリア キッチン グリーン 本
最新エントリ。
コメント。
トラバ。
過去ログ。
お気に入り。
SCOPE angers semple node noasis おぎはら植物園

無印良品 a-flat
.....ショップリスト
お役立ちリンク。
家づくりブログリスト。
→List Me?
※勝手に覗き見サイト多々。不都合ある方はお知らせ下さいませm(_ _)m
admin RSS1.0 Atom0.3



 
z@kkaあんてなz@kkaあんてな インテリア キッチン グリーン 本
The WAY - 家を持つ。-
外断熱&オール電化住宅建築日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | ▲TOP
未来像
中古物件を早々にあきらめ、「じゃあ土地だけでもいいとこあれば買っておこっかー♪」なーんて、これまた安易に思った私たち^^;
ええもちろん、そんな大金持ってるわけでもないのに、です。知らぬが仏というか(使い方間違ってるな)無知というか・・・^^;

今日に至るまで、実際かなり沢山の土地を見て回りました。近所にある2軒の不動産屋さんにお願いし、新しい情報が入り次第ファックスで資料を送ってもらったり。そうやっていろいろと土地を見ていくうちに、以前は漠然としか考えていなかった「今後の自分たちの暮らし」について、ダンナと二人、じっくり向き合うことができたのかも。
どういう場所に住んだら、子供の学校はどこになって、買い物はどこでやって、将来どの道路が通って便利になって・・・などなど、具体的な暮らしぶりをシミュレーションしてみたり、今まであまり考えずに貯めたり使ったりしてきたお金のこととかを見直してみたり。いろいろ。
これによって、お互いが抱いている未来像を共有し合い、より理解し合えたのかな。これからもずっと一緒に生活していく上で、とても良い機会だったんじゃないかと思う。

とりあえず、私たちの気持ちは以前にも増して、新居を持つ、できれば建てる!という方向へ。でも、どうせ建てるなら、住み心地はもちろん、かっこいい家がいい!!なんて。(←だんだんワガママになってる^^;)

建築家に頼むのか、ハウスメーカーに頼むのか。てか、私たちの経済力で新築って建てられるのか?!
とにかく、家を建てることについてまだまだ無知だらけな私たち。
不動産&依頼先探し | 04:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
オール電化という選択肢
5月、7月と立て続けに大きな地震があり、今までにない揺れを経験。ダンナが会社に行ってるときだったので、ボロ家に一人居た私は、ものすごく怖かった(T_T) マジで家が崩れるんじゃないかと気が気じゃなかったです。
この地震をきっかけに、災害に対する家のあり方について少し考えるようになりました。耐震性に優れた家っていうのはもちろんだけど、特に、今回地震があったのが夕食を作る時間帯で、火の怖さを実感。また、メディアで災害についての特集があって、真っ先に復旧するのは電気だということを知りました。

「オール電化住宅」という言葉はこれまでもよく耳にしていたけど、実際はどんなもんかしら・・・?なにはともあれ百聞は一見に如かずということで、近所にあるオール電化住宅展示場へ足を運んでみることに。するとそこにはずら〜っと並んだ8つのハウスメーカーのモデルハウスが。・・・正直、どこの外観も同じようで、モデルハウス特有のゴテゴテ感たっぷりぷり。全く私たちの趣味じゃない^^; 
まぁ、とりあえず外観は置いとくとして、まずはオール電化のおウチを体験!でもどこから入ろうか迷っていると、「外断熱の家」という旗が掲げられた一軒が目が留まりました。以前、外断熱について特集されてたテレビ番組を見たことがあった私たちは、とりあえずはそこから入ってみることに。

そこは土屋ホームという北海道に本社のあるハウスメーカーでした。正直、私は初めて聞く名前。なんでもダンナは土屋ホーム社長が書いた本を読んだことがあるらしく
「あぁ、ここが」ってな感じ。スキー部も有名なんだってね。(それすら知らなかった^^;)中へ入り、まずは基本的なオール電化住宅のことについて説明を聞きました。IHクッキングヒーターのこと、電気温水器のこと、蓄熱式電気暖房機のこと。
で、私が最もびっくりしたのはIHクッキングヒーターについて。電気コンロというと、これまで一人暮らし時代にマンションについてた鉄の丸い板が熱くなるヤツか、真っ赤な電気コイルがぐるぐるしてるヤツしか思い浮かばなかった私。使い心地は最悪。そんなイメージしか持ってなかった。そしたらそしたら、今のIHクッキングヒーターって、すごいのね!マジ感動。目からうろこ。まず、表面が熱くならないことにびっくり。火力の強さにまたびっくり。ぜんっぜん知らなかった。←私が無知過ぎるのか?^^; おまけに天面がフラットだから、ガスコンロに比べてお掃除楽々ぢゃないですか。や〜ん、これイイ!
まずこれで、俄然オール電化住宅に賛成!となった私。←単純
で、ダンナはというと、土屋ホームオリジナルの高気密高断熱な躯体構造と、その独自の外断熱工法に興味津々。そして、寒さの厳しい北海道での施工実績の多さも、「寒い家はもう絶対イヤ!!」という私たち夫婦の心を捉えました。

オール電化、そして外断熱の家かぁ・・・・・いいかも!
不動産&依頼先探し | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
理想の住まい
先日の土屋ホームのモデルハウス見学以降、他社のモデルハウスや新築建て売り物件を見てまわった私たち。並行して、住宅に関する雑誌や本を読みあさり、自分たちにとって"理想の住まい"とはどういうものなのかをあらためて話し合いました。
そして、私たちの住まいに求めるもの(=お金をかけるところ)の優先順位は、

(1)「耐久性」
(2)「快適性」
(3)「デザイン性」

だということに。
家を考え始めた当初はどうしてもデザインや間取りばかりに目が行きがちでしたが、今のボロ借家に暮らして、日々最も不満を感じ強く求めることは「快適性」。そしてそれは「丈夫な(耐久性のある)家」であってこそ実現できるものだと思ったからです。そしてまた、私たちにとって、家にとって、「快適」な環境があってはじめて、家が長持ちするのではないかということ。そうあらためて思ったのでした。
だからといって、もちろんデザインや間取りだって譲れなーい!のだけれど。。。

・・・しかし、こんな好き勝手なこと言ってるけど、そもそも私たちの資金力で建てられる家って、どの程度なんだろー?^^;
不動産&依頼先探し | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
外断熱の家がほしい
数々のモデルハウスを見たうち、「家の耐久性」という観点で一番印象が良かったのが土屋ホームの外断熱工法でした。←もちろん、木造建築限定の見解です。
特にダンナは、以前から外断熱に興味を持っていたせいもあって、「内断熱よりも外断熱」という考えが強く。私も自分なりに本やネットで断熱方法についていろいろ調べた結果、外断熱の理論の方に納得いくものがありました。
それにしても、断熱方法については専門家の意見はもとより各種メーカーの宣伝or批判のような意見や情報など、実に様々な見解があって・・・。
そして思ったことは、
「結局、施工方法が確かでなければ意味がない」
ということ。

現段階で「建築家へお願いする」という選択肢はほぼ消えました。・・・理由は、デザイン性に優れた家は出来るかもしれないけど、耐久性はどうなのか?外断熱の家を建てるとしたら、それは確かな工法なのか?という面で疑問だらけだったからです。(工務店にアタリハズレがあったらイヤだし、ローコストにするといって真っ先に耐久性を疎かにされたらイヤだなぁと・・・。もちろん、そのへんきちんとした建築家もいるはずですが、私たちには見つけられそうになかったので。)

そこでもう一度、気になっている土屋ホームへ足を運び、詳しい話を聞いてみることにしました。
不動産&依頼先探し | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
夢が具体的になってきた
小雨の降る中、本日、土屋ホームの事務所を訪ねてきました。
先に感想を言うと、かなりイイかんじ♪でした。

一応事務所に行く前に電話をして、以前モデルハウスで説明してもらった営業さんの名前を伝えておきました。この方(女性)がとても熱心にわかりやすく話しをしてくれたので、土屋ホームの印象がよかったってのもあって。・・・けど、事務所に到着すると出迎えてくれたのはモデルハウスの方とは別の営業さん。なんだか若いにーちゃん。もしかしてウチらナメられてる〜?←被害妄想^^;
以前外断熱工法や駆体の材料についての説明は一通り受けていたし、事前に土屋ホームのサイトを通じて全てのカタログを請求し勉強していた私たち。予習はばっちし!今日聞きたいのは、

・どの程度自由のきく注文住宅がきでるのか。間取りは?内外装は?設備は?

ということ。
特に、申〜〜し訳ないが、私たちが見た土屋ホームのモデルハウスのデザインはひどかった・・・一言で言うと、古い。ダサい。50-60代の夫婦なんかにはウケがイイかもしれないけどねぇ、ってかんじ^^; 取り寄せたカタログ見ても、私たち好みのシンプル&モダンテイストな家はナシ。
もし、「デザインはこの中からしか選べません」的な注文住宅だったら、いくら外断熱工法が気に入ってても、やっぱ却下かなぁ・・・なんて思いつつ。

そして、最も大事なことも聞かなきゃ。いや、基本事項かな。

・私たちの予算(能力)で希望する家は建てられるのか?

ある意味、聞くのは(現実を知るのは)コワいけどぉー・・・


先ずは間取りに関することを聞いてみた。答えは「構造上問題ない範囲で在れば、自由」とのこと。間取りを自由にすることによってオプション料金が発生するということはいっさいないらしい。私たちには強い間取りの希望があるので、これがダメだとかなり辛かった。まずは、ホッ。

そして、内装やデザインについて。ここは私の希望が特に強いところ。ダンナはシンプルで華美な装飾がなければとりあえずオッケーらしい。私は、内装にクロスをとにかく使いたくない。VOCの問題もあるけど、どうしても安っぽさを感じてしまって、ちょっと受け入れられない。だからといって、珪藻土などの重厚な塗り壁にしたいわけでもない。最近気になっているのは、木の板をそのまま使用している内装。部分的に自然塗料などを使って白く塗ったりしたい。そういった内装はよく「建築家と建てた家」とかいう特集雑誌なんかで見るので、参考までにいくつか希望のイメージに近い雑誌の写真を見せてみた。そしたら、「ウチにはちょうどこういった商品がありますよ」とカタログと施工例の写真集を見せられた。

ずっきゅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん♪
(ハートを射止められた音)

いいっ!いいじゃな〜〜いっ!!
カタログの方はすでに見て気になってはいたけど、他のいろいろな施工例をみるとかなり私の好みにハマる。ログハウスとかの感じは好きだなぁと言ってたダンナも、これにはかなり気に入った様子。
「断熱材が駆体の外にあるので(外断熱工法なので)、壁を貼らず構造体を表しに仕上げることができるんです。もちろん、壁を貼って木の素地のまま使用することもできますし、部分的に塗ったり、クロスを貼ったりすることも自由です」
とのこと。いやぁ〜、いい感じ。ますますいい感じ。私たちの求めてたシンプルってのは、まさにこういうの。しかも商品として存在してるってのがすばらしい。選べる12の家Ownシリーズの中の「未完の家-四季彩-」という商品らしい。

もうこの時点で私はかなりルンルン気分。(←古い言い方だ)まだ金額も聞いてないのにねぇ^^;
そして次に外装、特に外壁材について。これについてもダンナはシンプルならオッケー。そう、デザインに関しては私の希望がほぼ100%とおるのです♪うひひ。で、希望はシルバーのガルバリウムを使うこと。これも最近よく雑誌で見るので、いくつかイメージに近いものを提示してみました。すると、「もちろん、できますよ」との答え。実際の施工例も見せてもらった。
そしてなんと。この営業さんのお家がつい最近完成して、内装は四季彩で外壁の一部にガルバリウムを使用しているらしい!・・・ってことは、私たちのセンスとも似てるだろうから、好みや希望をスムーズに理解してもらえそう♪

そのほか、設備については、標準で用意されているものはもちろんあるけど、他に希望のものがあれば仕入れ価格での差額をプラスもしくはマイナスする形で、いくらでも変更可能とのこと。話しを聞けば聞く程、土屋ホームの注文住宅は本当の注文住宅らしいことがわかった。(←ほか回ったハウスメーカーでは、注文住宅とは名ばかりで選択肢がちょっと多く用意されてるだけの「選択注文住宅」だったところがあったのよぉ)

なんだよぉ、土屋ホーム。できるんぢゃん、シンプルなかっこいい家♪モデルハウス、建て直したほうが絶対客くるぞーっ!←失礼なヤツ

というわけで、とりあえず私たちの能力でどのくらいの「四季彩」の家が建てられるか、ダンナの年収やら今ある貯金やら月々の返済希望額やら、で、おおまかに計算してもらった。

すると、
貯金(財形+普通預金)+月々10万円程度の返済(ボーナスなし均等払/住宅財形ローン利用)の場合、3000万円後半くらいが私たちの能力(予算)らしい。
家の大きさを希望の35坪〜40坪くらいで計算すると、四季彩という商品の場合だいたい2000万円弱くらい。(これには照明器具とカーテン類、冷暖房器具を除く設備は、全て含まれる)
となると、含まれない設備やいくらかはオプションで高くなる分を考慮したとして、土地にかけられる金額は・・・・・1000万円程度!
はぁ〜〜〜、これが現実なのね〜〜〜(T-T)

でもでも、私たちの予算でもなんとか希望の家は建てられそうだってことがわかった。それだけでも、なんだかうれしいぞー^^

問題は土地かぁ。いまのところ、私たちの希望は現在住んでるあたり。相場は坪21〜28万くらい。立地にもよるだろうけど、できれば70坪は欲しい!と考えていた私たちには結構キツい>< がんばっても50坪くらいかぁ。もしくは、自己資金を増やすか。
う〜〜〜むむむ。
不動産&依頼先探し | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
お宅見学
先日、土屋ホームの事務所を訪れたあと、実はその営業さんのお家を見に行きました。(突撃訪問だったので、奥様は片づけ大変だったかもー^^;)
私たちが心惹かれた「未完の家-四季彩」という内装は、写真で見たイメージ通りにシンプルでかつ木のぬくもりにあふれた空間でした。まだ建てて4ヶ月くらいということもあって、玄関を入るとふわっと木の香が漂ってきて。どんな芳香剤よりもすがすがしくて気持ちのいい香り♪リビングに見える梁や吹き抜けの感じが、ダンナは特に気に入ったみたいでした。
土屋ホームでは材料のほとんどに集成材(エンジニアリングウッド)を用いてるのですが、それが逆にシャープな感じを出していて、ログハウスやカントリー調に傾きすぎないように見えました。それも私たち好みだったり♪
平ぴー(この営業さんのお名前)のお宅では、自分たちでDIYできる所を残しつつ、将来家族のライフスタイルの変化に合わせて床を張ったり壁を抜いたりできるよう考えられてるそうです。また、この商品は「未完の家」と名前が付いているだけあって、一生家族と共に変化し、自分たちで作り上げていく家というのがコンセプトだそう。余計な装飾がない分、大工さんの手仕事が見え、自分たちの加えた手が見える、そんな家だそうです。
なんだかますます、私たち夫婦が求めてるものに近い!

お風呂場からクローゼットから、さんざん見学させてもらって、お茶やお菓子をごちそうになって帰ってきました。広い家でのびのび遊んでいた二人のお子さんも印象的で。私たちもこんな家で子育てできるといいなぁなんて(私は只今妊娠5ヶ月)、夢はふくらむ一方。
ますます土屋ホーム、いい感じ。
不動産&依頼先探し | 11:40 | comments(4) | trackbacks(0) | ▲TOP
蔵のある家
今までにいくつか回ったモデルハウスのうち、ミ●ワホームの営業さんがとても熱心で。私たちの心はかなりの割合で土屋ホームに傾いているのですが、間取りの研究のためにも一度「蔵」シリーズの家を見てみようということで(営業さん、こんな理由でごめんねぇ><)、近くのミ●ワホーム建て売り物件展示場へ足を運んでみることに。
そこにはずら〜〜〜っと並んだグレー系のおうちが。建て売りで分譲している4ブロック分ほどが、ほとんど同じ外観で統一された家々でした。外構工事も全てきちんとされ、植栽も統一して施され。確かに整然としてきれいな街並なんだけど、う〜〜む、せっかくのマイホームなのに、個性が感じられなくて寂しいような・・・^^;
ま、それはさておき、蔵のある家を見学。

二階部分の床下に相当するという「蔵」と称された空間。床下扱いにするためにその高さは140cmほどだけど、床下やロフトとは違い、ドアから水平に物の出し入れができるため、その容量と使い勝手は十分。天井が迫っていることでかえって「隠れ家的空間」として使い道もありそうな。特にダンナは気に入ったご様子。さすがは人気商品。客の心を捉えます。

耐震に対する研究も熱心だし、内断熱だけれどもその性能は結構いいみたい。ただ、私たちがどうしてもミ●ワホームで受け入れられないものの一つが、「Mウッド」なるオリジナルな建材。モデルハウスや建て売り物件でも多用されてて、営業さんも「メンテナンスが楽ですよ!エコ商品です!!」と、とても自慢げに宣伝していたんだけど・・・・ようは木のチップの入ったプラスチックだよねぇ^^; 確かに、ウッドデッキとか、外構部分に使うのはいいかも。本物の木と違ってメンテナンスがほとんどいらないし。でも・・・でも・・・プラスチックの家は建てたくないのよぉ。
ごめんね、ミ●ワさーん><
不動産&依頼先探し | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
はやっ!
数日前に土屋ホーム事務所を訪れたばかりなのに、そのときに私たちの言った希望を元に、営業の平ぴーが間取りや建物外観の案をスケッチにして持ってきてくれた。具体的な希望を伝えていたわけではないし、土地がまだ決まっていないので(それが一番大きな問題)、正直ごくフツーな感じの家。ただ、私たちの絶対の希望である「2階にリビングを」「1階にウォークインクロゼットのあるユーティリティーを」という間取りがしっかり反映されていた。こうやって画になってきたものを見ると、ますます家を建てるという実感がわいてきて、なんだかうれしい♪
平ぴーが言うには、一般の人はなかなか最初から具体的な間取りをイメージするのは難しいので、まずはライフスタイルを考えて大まかな空間の繋がりから決めていくのがいいらしい。ふむ、なるほど。
確かに、私たちには強い間取りの希望があるけれど、まだ実際の画にしたことはない。よーし、いっちょ自分たちでもお絵かきソフトを使って描いてみよう!←だから土地が先だって^^;

で、もちろん、土地探しも進行中。
希望を伝えて探してもらってるいくつかの不動産屋さんからは、ほぼ毎日faxやメールで情報が届いている。平ぴーにも土屋ホームの不動産部を通して希望に近い土地を探してもらってるところ。でも、う〜〜〜ん、やっぱり予算が厳し〜いっ><
少し安い、離れたところにある物件も見てみたけれど、う〜〜〜ん、やっぱり気に入らない。ここならいいかな、というところは予算オーバー。値引き交渉もなかなかうまくいかない。
でも、まだ探し始めたばかり。あせらず見つけるぞ!
不動産&依頼先探し | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
1年・・・待てるか?!
1000万円に収まる土地を探し始めてから、早くも1ヶ月あまり経過。その間、何度となく土屋ホームの平ぴーとはお話をし、土地もいくつか案内してもらいました。自分たちでも少し範囲を広げ、土地巡りをしているのですが、やっぱりなかなか希望通りの物件がない(T_T)
エリアがかなり狭く限定されているというのも一つの原因だけど、そのほかダンナには絶対に譲れないNG条件が。それは「鉄塔」。送電線の鉄塔の近く、もしくはその送電線の下などは絶対にイヤらしい。いくら身体に問題ない電磁波だと理解していても、どうにも許せないのだとか。視界に入るようなところもできれば避けたいらしい。(←そんな場所あるんか?A^^;) まぁ、私もあまりいい気持ちはしないので、この意見には同調しているけどね。そのほか、私たちの希望してるエリアでは、土地に面している道路が狭い地区が多い。「相場より安い!」と思う土地に限って、実際見に行くと前面は4m幅の道路だったり。また、道路からかなり土地が高くなっていて、せっかく土地が安く買えても、結局土留めを含めた外構に数百万かかりそうなところだとか。やはり相場は正直、安い物には訳があるのね。。。

そんな中、今住んでる借家でお世話になってる不動産屋さんから、思わぬ情報が。
私たちが希望してるエリア内の、昔打ちっ放しゴルフ場があった広い土地に、新しく宅地が造成されるらしいとのこと!
早速その場所へ行ってみると、そこには看板が掲げてあった。
「●●●分譲予定地 ●●不動産」
ほんとだーっ!場所はばっちり希望のエリア内。しかも、少し高い丘になっているので風通しも良さそう。近くには街の中心部まで開通予定がある大きな幹線道路があり、現在も私たちがよく利用するスーパーのすぐそば。立地的には申し分ない場所!とにかく詳細を聞くべく電話してみることに。
すると、そこは50区画くらいの宅地を造成し、分譲する予定だとか。まだ決定はしていないけれど、広さは50〜80坪くらいになるらしい。値段はおそらく現在の相場くらいになるだろうと。うん、いいかも!
でも、
「只今申請中で、実際造成が終わり販売されるのは来年9月の予定」
だってよ。
ら、来年9月・・・・一年後?
まだまだ先だぢゃ〜〜〜ん(_ _;)がっくし。

でも、この場所はかなり気になる。とにかく立地がいい。
私たちが希望しているエリアは30年くらい前に開発された古い住宅地がほとんどで、こうやって新しく大々的に開発されるところは本当に珍しい。
とりあえず、「さらに詳細が決ったら連絡下さい」とは伝えておいた。
けど・・・・1年後。
どうするかなぁ。。。


不動産&依頼先探し | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
これまでの経過、まとめて報告
先日、ついに土屋ホームに建築申し込みをしました!
それまでにもさんざん間取り案やパースを提示してもらっていたのに、よく考えたらまだ一銭も払ってなかったんですよねぇ^^;
約2ヶ月前の事務所訪問の際、すでにかなりの好印象だった土屋ホームは、さらに詳細を聞くに連れますます心惹かれ。やっぱり外断熱の施工実績と確立された工法。そして私たちの希望にマッチした「未完の家(クロス等の内装を施さず構造体の木材が表しになっている)」という商品。これらが最大の決め手になり、「ここで外断熱&オール電化の家を建てよう!」ということになりました。めでたしめでたし♪

・・・じゃ、なくて。
施工するハウスメーカーが決まっても、土地が決らなければ家は建てられないっ!←当たり前

とにかくいい土地さえあれば一日でも早く建てたいと願う私たちは、先日、危うく(?)ある土地の契約を交わすところでした。
その土地は、約70坪で980万円!「きっとこれだけ安いのには訳がある」と思ったけれども、とりあえず現場見学。私たちが探していたエリアからは少し離れているのですが、逆に街の中心部にはこちらのほうが近いほど。ただ、古くからある集落の中の土地で、道路が狭く入り組んでいるのと、山の北西斜面にあたるのでちょっと日当たりが不安。でも、十分な広さとこの安さから考えると、それでもオッケーか?!と思わせるくらいの掘り出し物物件でした。
さらになんと。管理している不動産会社を通して持ち主さんと交渉する中、「すぐに買ってくれるのなら880万円まで下げてもいい」とまで言ってきた!
なんだかここまであからさまに安くされると、疑いたくなるのが人ってもんで。もしかしていわく付きの物件じゃないかとか、近所に聞き込み調査までした私たち^^; でも、そんな心配するような噂はなく、持ち主が早く売りたいだけではないかとの結論に。
とにかく、880万円で土地が買えるとなれば、予算を大きく下回る。ものすごく助かる。でも、当初希望していたエリアではない・・・・う〜〜〜ん、う〜〜〜〜〜ん、どうしよう〜〜〜〜〜〜
と、考えながらも話しは進み。後はハンコをついて契約か!ってとこまで来たときに。私の父親が一言。
「土地が私道に面してると言う話しだけど、その辺のことはしっかり近所と話し合いされている物件なのか?」
だって。
え?しりません。てか、調べてません。そんなこと。(汗)
大急ぎで不動産屋さんに調べてもらったら、なんと。持ち主が古くからいろいろ代わり、わずかではあるがご近所さんとも合意できてない(あいまいにされている)境界線部分があるらしい。とのこと。

う、めんどくさ。←もうこの時点で拒絶

二人してO型めんどくさがりー夫婦な私たち。この「私道境界線問題」の発覚を機に、あっさりこの土地をあきらめることを決めました。
いや、でもね。
実際、私の実家の土地が私道に面してて、建てた後にも幾度か境界線やらなにやらでもめたことがあるのです。私はそれを目の当たりにしてきて、父もこういう土地はやめとけって口酸っぱく言ってたもんで。こういうときはすっぱりさっぱりいこうと。

で。結局土地決めはふりだし。
でもないか。
先日「1年待てるか?」って言われた土地の価格が大まかに決ったらしいのです。坪21〜24万円。道路附き(方角)によるそうですが、これは相場よりかなり安い!仮に21万の土地ならば、一番狭い区画(おそらく50坪)を買うことができれば私たちの予算内!
そこで、とりあえず12月末(2ヶ月半後)にあるという、区画の具体的決定を待って、この造成地内のいづれかの区画を予約するという方向で話しを進めることにしました。
このままスムーズにいっても1年後の着工。。。そう考えるとかなり先だけど、その間にいろいろ家の内容を吟味することができるかもしれない。もうすでに心は土屋ホームの家に決定していたので、ではこの時点で建築申し込みをしよう!となった次第。
子育ては新居で♪と考えていたけど(予定日は来年1月)どうやらそれは無理みたい。まだしばらくはこのシャワー無し築30年オンボロ借家での生活ですぅ(T_T)
不動産&依頼先探し | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲TOP
back < > next